学校生活
クラブ活動
  放 送 部
■部員数■  女子12名  男子2名

■ クラブのひとこと紹介■
放送部では主に月〜金曜日の昼休みにお弁当を食べながら音楽を流しています。そして、学校行事の司会のお手伝いもしています。これからも色々なことにどんどんチャレンジしようと思っています。兼部もできるので、ぜひ入部してください!

■顧問の先生から■
昼休みの放送を中心に和気あいあいと活動しています。年度途中の入部も大歓迎です。


放送部
 

このページの先頭へ

  漫 画 研 究 部
■部員数■   女子19名

■クラブのひとこと紹介■

イラストや漫画を描くことが大好きな仲間が集まり、和やかな雰囲気の中で、学年をこえてみんな仲良く、楽しく活動しています。毎月テーマを決めて部誌を発行し、お互いに描いたものを交流しています。
オープンキャンパスではオリジナルのしおりやストラップ・マグネットを作って配布しています。
学園祭のクラブ展では、部員たち力作のイラスト展示をはじめ、 オリジナル便箋やラミネートカードを作って配布しています。他にもカップやオリジナルカレンダー・ジグソーパズル・フォトフレームなど毎年さまざまな作品に取り組んでいます。
漫画能力検定にチャレンジして、2級を取得した先輩もいます。



漫画研究4

漫画研究1

漫画研究2

漫画研究3

このページの先頭へ

  演 劇 部
■部員数■  女子18名  男子1名

■ 2013年度 活動状況■
6月
春の中劇研 「I do 〜井戸に落ちて〜」
於 東山活動センター
9月
学園祭 演劇フェスティバル
「不思議の国のアリス〜この退屈な現実世界からの逃避〜」
於 京都会館
10月
秋の中劇研 
於 北文化会館
11月
京都私立中学校高等学校文化祭
於 子ども文化会館
12月
クリスマス燭火礼拝「ある夫婦に起きた出来事」
3月
自主公演「夏みかん」
於 グレースチャペル


演劇部
 

このページの先頭へ

  工 業 部
■部員数■  男子18名

■クラブのひとこと紹介■
工業部は「工作」や「模型製作」のクラブです。プラモデルから始まって、ラジコンやミニ四駆、そして本格的な金属加工や木材加工の工作もやります。場所は、技術教室です。
広い教室で多くの種類の道具や機械を使います。工作が好きな人、模型作りが好きな人はぜひ参加してください。クラブで全員同じものを作る時もありますし、班ごとに活動して自分の好きな模型に取り組む時期もあります。

■顧問の先生から■
みんな楽しく、思いやりのあるメンバーです。コツコツとやる人、おまちしています。  
 
 工業

このページの先頭へ

  英 語 部
■部員数■   女子22名  

■クラブのひとこと紹介■
英語部はみんなとすぐ仲良くなれる楽しいクラブです。「英語を勉強する」のでなく「英語を楽しもう・英語で遊ぼう」というクラブです。英語の歌を歌ったり、映画を見たり、ゲームをしたりもします。外国人と話せる機会も多く、同中に来る留学生達とも交流します。英語部に入って、英語と仲良くなろう!

■顧問の先生から■
外国語ができると自分の世界が大きく広がります。英語がその第一歩、英語部であなたの世界を広げよう。大好きな英語の歌も唄えるようになります。
また、みんなが大好きなアニメDVDも英語で観ています。
Everybody is welcome!
 
 

このページの先頭へ

  地 歴 部
■部員数■   女子18名  男子9名

■クラブのひとこと紹介■

地歴部は男女、先輩後輩関係なく仲の良いクラブです。毎週火曜と金曜に聖書科STでの活動と学校近辺の史跡巡り、学園祭でのクラブ展をします。メイン活動として月一回の日帰り校外研修を行っています。校外研修では、京都だけではなく、兵庫・滋賀・奈良・大阪・福井・和歌山とさまざまな場所へ行くことができます。寺や神社、美術館や博物館、その土地でしか体験できない文化や風土にふれる事ができます。

■顧問の先生から■
校外研修はちょっとした日帰り旅行です。普段の学校生活では得られないような感動的な風景に出会い、その土地ならではの味覚を存分に味わうことができます。旅行を共にした仲間は一生の親友となり、思い出は宝物になることでしょう。

地歴1

地歴2

このページの先頭へ

  ハンドベル・ピースリンク部
■部員数■   女子19名 

■クラブのひとこと紹介■

あなたは「ハンドベル」という楽器を知っていますか?Xmasに聞いたことがある、という人もいるかもしれません。では、演奏したことはありますか?ハンドベルは誰でも簡単に美しいハーモニーを作り上げることができる楽器です。活動は昼休みを中心に行っているので運動部との兼部もOKです。また、年に2回程度、学校からの施設訪問に同行し演奏またプレゼントを渡します。是非入部してみてください。

■顧問の先生から■
きれいなハンドベルの音色をみんなで奏でてみませんか?礼拝や式で演奏します!音楽を一緒につくれるのを楽しみに待っています。 

ハンドベル 

このページの先頭へ

  ホザナコーラス部
■部員数■   女子10名 

■クラブのひとこと紹介■
ホザナコーラス部は、今年で創部102年という歴史あるクラブです。礼拝や式典では聖歌隊として奉仕しています。また、学園祭では音楽劇を発表したり、合唱祭では本格的な合唱曲に取り組み発表するなど、各行事に積極的に参加しています。歌うジャンルはさまざまです。
音楽室2で活動しています。気軽にのぞいてみて下さい。
ホザナコーラス1

ホザナコーラス2

このページの先頭へ

  和 太 鼓 部
■部員数■   女子56名

■クラブのひとこと紹介■

(文化部的要素+運動部的要素)÷2=和太鼓、学園祭や私学フェスティバルで発表します。
めっちゃ楽しいクラブです。先輩、後輩も仲良く、初めての人でも、あっと!いう間に上手になります!みんなで待ってます!日本の心、和太鼓の響をいっしょに感じよう!

■顧問の先生から■
同級生と先輩と先生と心を合わせて太鼓を打つことがどんなに楽しいか知って欲しいです。
Come&join us!

 
和太鼓 

このページの先頭へ

  管 弦 楽 部
■部員数■   女子75名

■2016年度 予定■
6月19日(日) ミニコンサート・保護者会 グレイス・チャペル
10月5日(水) 学園祭 大津市民会館
11月13日(日) 京都府市立中学校高等学校文化祭  京都こども文化会館
12月20日(火) クリスマス礼拝
12月 未定    岩倉キャンパスクリスマス 於 グレースチャペル
3月19日(日)  第39回定期コンサート 於 寒梅館ハーディホール


漫画研究4

 
管弦楽

管弦楽
 

このページの先頭へ

  鉄 道 部
■部員数■   男子7名

■クラブのひとこと紹介■
鉄道部の主な活動は半期に1回程度のフィールド・ワークです。昨年は、日帰りで琴平、北陸、参院、明智方面に出かけました。
今年も色々なところへ行きたいと思います。他のクラブとの兼部もOKです。(フィールド・ワークの日のみの参加も可能)

■顧問の先生から■
鉄道を通して交通の文化を知り、体験することによって見解を広げています。皆さんの参加をお待ちしています。
 
鉄道部 

このページの先頭へ

  サイエンス部
■部員数■  女子3名  男子29名

■クラブの活動状況■
現在サイエンス部は、「物理・化学班」(月木活動)と「生物・地学・面白科学班」(火金活動)に別れています。「物理・化学班」は、ろうそく作りやケミカルガ−デン、結晶作成など、また「生物・地学・面白科学班」は、京都御苑・岩倉川・宝ヶ池・鴨川などの生物調査(ユリカモメの足環追跡、水生昆虫研究など)、葉脈標本作成、カルメ焼・ベッコウ飴作成、アルミ缶笛など多様な活動を展開しています。
また、月1〜2回は、野外活動プランとして京都を中心に以下のような自然観察をしてきました。
 
サイエンス 
■野外活動■
保津峡地質見学、木津川での飯盒炊爨&岩石採集、丹波マンガン記念館見学、深泥池〜植物園見学、雲取山自然観察、
愛宕山登山、京都大学総合博物館見学、山の辺の道見学、JR廃線歩き、鞍馬・貴船の自然調査、奈良桜井黄鉄鉱採集、
京都市立動物園・神戸市立王子動物園見学、ポンポン山登山、音羽山登山、片波山登山、八丁平自然観察など
研究した成果は、主に京都私立中高理科研究発表会の場で発表してきました。

■研究発表例■ (京都私立中高理科研究発表会での審査結果)
  • 「カラスの研究〜鈴木さんの秘密〜」
  • 「高山の野鳥たち〜垂直分布について〜」優秀賞受賞
  • 「オオカマキリの生態について」最優秀賞受賞
  • 「セミの"鳴き分け"について」
  • 「洗剤の毒性について」
  • 「キノコの迷信は確かか」  
  • 「鴨川における淡水ガモ類の研究」優秀賞受賞   
  • 「京都御苑におけるコゲラの生活史」最優秀賞受賞   
  • 「エレキテルの研究−雷を手にした日本人」優秀賞受賞   
  • 「クワガタムシの幼虫時と蛹室の環境と、大腮の関係」優秀賞受賞   
  • 「カエルの研究〜色と模様とジャンプについて〜」  
  • 「賀茂川・高野川の礫種構成について」優秀賞受賞   
  • 「岩石の魅力って何だろう?〜小学生にもわかる岩石鑑定表〜」  
  • 「水の世界への侵入者〜ブラック・バスについて〜」  
  • 「ユリカモメを中心とした行動調査」
  • 「リニアモ−タ−カ−について」
  • 「深泥池フィ−ルドワ−ク」  
  • 「イチョウの年輪解説」
  • 「色の分析〜ペ−パ−クロマトグラフィ−による実験〜 」 
  • 「近畿地方の化石の研究」
  • 「身のまわりの化学物質〜においの強い食物の抗カビ作用〜」  
  • 「鉄粉を利用した静電気の研究 」 
  • 「野鳥のさえずり〜早朝の鳥たち〜」 最優秀賞受賞
  • 「セミのぬけがらによる大山崎町円明寺ケ丘の環境 」 
  • 「カエルの路上死について」最優秀賞受賞

  • ■顧問の先生から■
    子どもたちへの一番大切な贈りもの・・・「美しいもの、未知なもの、神秘的なものに目を見はる感性(センス・オブ・ワンダ−)」
    (レイチェル・カ−ソン)を育てたい。そんな思いで生徒たちに接しています。
    足元に転がっている1つの石にしても、137億年の宇宙の歴史を秘めているし、身近な自然の動・植物は相互に関連しあって
    多様な生物環境を作り上げています。
    ヒトはそんな環境のたったひとつの種であることをクラブ活動を通して"実感"として理解してほしいと願っています。
     
    サイエンス 

    このページの先頭へ

      かるちゃんぷる
    ■部員数■   女子30名

    ■クラブのひとこと紹介■
     かるちゃんぷる部では、月に2回、週末に課外活動をしています。NGOのイベントのお手伝いをしたり、異文化を背景に持つ人をゲストに招いて料理を一緒に作ったり、神戸南京町や生野コリアタウンのフィールドワークなどをしながら様々な「文化」について学びます。平日の活動はJOCS(日本キリスト教海外医療協力会)に送る使用済みの切手を整理したり、課外活動のための準備やまとめなどをしています。

     昨年度は、韓国・中国・アメリカ・フィリピンからのゲストを招いて、お話を聞き、一緒に料理やお菓子を作って異文化を味わいました。 また、高麗美術館に行ったり、東九条フィールドワークでオモニの話を聞いたり、コリアンタウンでキムチづくりをしたりして在日コリアンの文化に触れました。 夏休みにはマレーシアからのJICA研修員と交流して異文化に触れ、JICAを訪問して国際協力の仕事についてお話を聞きました。
     今年度に入ってからはアイヌのゲストを招いて、素材を大切にするアイヌ料理を習ったり、アイヌ文様をデコペンでつくりました。 さらに例年通り、京都YWCAのバザーやクリスマス礼拝のフェアトレードショップでは、チョコレートやクッキーなどを販売します。
     写真はこの春の活動の様子で、カカオ豆からチョコレートづくりを体験した時、JICA研修員との交流の時、アメリカのヌエバスクールの中学生と交流した時のものです。

     かるちゃんぷる部は、いろいろな文化「かるちゃー」を持った人たちが、違いを生かして「ちゃんぷる」に暮らせる社会になることを願ってできたクラブです。3年間続けたら、多様な文化を背景に持つ人たちと出会えるでしょう。自分の将来の夢も見つけられるかも!!
    ■顧問の先生から■
     いろいろな「文化」に関心のある人(特に食べることや料理をするのが好きな「食文化」に関心のある人!)、人と出会うのが好きな人、ボランティアに関心のある人、フィールドワークの好きな人にぴったりのクラブです。楽しみながら一緒に世界を広げていきましょう。
    かるちゃんぷる1

    かるちゃんぷる2

    かるちゃんぷる3

    かるちゃんぷる4

    このページの先頭へ

      美 術 部
    ■部員数■  女子39名

    ■クラブのひとこと紹介■
    普段は、各自が自分で画材や素材、モチーフを選択し、平面・立体を問わず制作しています。
    また、週1〜2回程度、部員全員で同じ技法を使って制作を行い、お互いに作品の交流をしています。
    例えば、油絵や陶芸、切り絵などに取り組み、新しい表現方法を知って楽しんでいます。
    2学期には私立中高写生大会にも参加し、入賞もしています。
    昨年は、全国規模の中学生の公募展アートクラブグランプリにも参加し、少し大きな作品にもチャレンジしました。
    学園祭での展示も毎年工夫をしています。

    このページの先頭へ