学校生活
クラブ活動
  野球部
■部員数■   男子44名

■クラブのひとこと紹介■
「礼儀正しくきびきびと」をモットーに文武両道をめざし、日々、勉学に練習に励んでいます。最終目標は夏季大会。みんなで心を一つにして勝利目指して頑張ります。

■顧問の先生から■
やるべきことをきちんとやって、仲間とともに心から野球を楽しみましょう。
野球部

このページの先頭へ

  バスケット部
■部員数■   女子35名  男子61名

■クラブのひとこと紹介■
バスケットボール部は春季大会(5月)夏季大会(7月)新人戦(9〜11月)を 節目にがんばっています。 
バスケットボールは頭を使うスポーツです。
練習の途中でも、よくみんなで戦法や守り方を話し合います。 得点をとるためにはドリブル、パス、シュート、それぞれがしっかり出来ることが必要です。 みんなの力で戦うスポーツです。
バスケットボールの楽しさはシュートとドリブルで相手を抜くことです。  

■顧問の先生から■
バスケットボールはおもしろいですよ。
1年生のみなさん、未来の同中生のみなさん、いっしょにバスケットをしましょう。
 
 
男子バスケ

女子バスケ

このページの先頭へ

  剣道部
■部員数■   女子14名  男子19名

■クラブのひとこと紹介■
こんにちは、剣道部です!剣道部は身も心も鍛えられる武道…といったらとても固いイメージになってしまうかもしれません。でも、先輩はみんな面白い人ばかりで、とても楽しい部活です!

■顧問の先生から■
剣道は、剣の理法の修練による人間形成の道である。(剣道の理念)
ぜひ剣道部へ!
剣道部 

このページの先頭へ

  ラグビー部
■部員数■ 男子41名

■クラブのひとこと紹介■
ラグビーは入部してすぐにボールにさわって一緒に練習できます。先輩や先生たちもとても優しくすぐに上達します。危険というイメージがあるけど、そんなことは全然ありません。
体の小さい人、大きい人、どのクラブにしようか悩んでいる人、ぜひラグビー部に入部してください。

■顧問の先生から■
ラグビーとは、少年を一番早く男にして、男に永遠の少年の魂を抱かせるものです。
ラグビー 

このページの先頭へ

  サッカー部
■部員数■ 計55名

■クラブのひとこと紹介■
サッカー部では初心者も経験者も楽しめる活動をすること、サッカーを通して人間的にも成長することを目標に日々の練習や試合に取り組んでいます。応援よろしくお願いします。

■顧問の先生から■
試合に勝つことだけにとらわれず、サッカーを通してコミュニケーション力、状況判断力、自主的に物事を解決できる力を育んでいければと考えています。
サッカー 

このページの先頭へ

  卓球部
■部員数■   女子26名  男子24名

■クラブのひとこと紹介■
この卓球部に入ってくる人は毎年ほとんどが初心者です。だから初心者でもはず かしがらなくてもOK。 大歓迎です。 1年生では、基礎的な体力作りからはじめて、素振り、1本打ちからラリー練習へと上達を確かめながら練習していきます。一通りに技術をマスターすれば、スピード、コース、回転を駆使してゲームを楽しめるようになります。
やる気のある人まっています。

■顧問の先生から■
全体に仲がいいですが、練習はしっかりやっています。卓球台は8台、台を使える練習日は平日は2日と、条件は良くないですが、時間を有効に使って実力の向上を目指しています。
卓球 

このページの先頭へ

  テニス部
■部員数■   女子65名  男子90名

■クラブのひとこと紹介■
部員が多いため、コートを使った練習が十分に出来ませんが、3年生が中心となって自主的に練習メニューを考えながら活動しています。とっても仲良しで明るく楽しいクラブです。

■顧問の先生から■
一緒に楽しみながら上達しましょう。
テニス

このページの先頭へ

  陸上競技部
■部員数■   女子25名  男子36名

■クラブのひとこと紹介■
 陸上競技はすべて の運動の基礎です。「走る」「跳ぶ」「投げる」というシンプルな動きを、楽しみながら もけじめをつけて、みんなで記録の向上を目指して練習に取り組んでいます。
地道な努力 を積み重ねていくことで、陸上競技の楽しさが広がっていきます。過去には全国大会に出 場した先輩もたくさんいます。本人の努力もさることながら、みんなで「上を目指していこう」という思いが結実しているものです。
 陸上競技の おもしろさと奥深さを、一緒に探していきましょう!

■顧問の先生から■
努力とは、 夢を実現させるためにすることです。
一緒に夢をつかみ取ろう!
 
陸上部 

このページの先頭へ

  バレーボール部
■部員数■   女子41名

■クラブのひとこと紹介■
バレーボールといえばスパイクと決めるイメージがあると思いますが、その一球にためにはたくさんの努力が必要です。毎日の練習の中でお互いに励まし合い、競い合うことに よってチームの団結が深まり、試合に勝ったときの感動はチームプレーならではの素晴らしいものです。決して楽ではありませんが、部員全員が一つの目標に向 けて頑張る、楽しくやりがいのあるクラブです。男女共バレーを楽しみたい人、是非バレー部に入ってください。

■顧問の先生から■
バレーボールで青春してみたい人、待っています!
 
バレーボール 

このページの先頭へ

  ワンゲルJr部
■部員数■    女子3名  男子24名

■クラブのひとこと紹介■
月に1回〜2回、野外活動プランを実施しています。
野鳥、植物、岩石などからのメッセージを各地の自然を歩きながら
いっぱい感じていきたいと思います。

◆1年間の活動例
===2008年度===
4月 唐櫃越(ハイキング)
5月 木津川(飯ごう炊さん)
6月 皆子山登山
7月 リトル比良登山
8月 安曇川(中止)
   大文字登山
9月 淀川完歩(JR石山〜JR宇治)
10月 伊吹山登山
11月 山陰道を歩く(JR丹波口〜JR亀岡)(中止)
12月 山陰道を歩く
1月 愛宕山登山(中止)
2月 人工壁(同志社大学山岳部施設利用)
3月 生物教室でパーティー(3年生追い出し)
===2009年度===
4月 愛宕山登山
5月 木津川(中止)
6月 木津川(飯ごう炊さん)
   大文字山登山 7月 貴船山登山
8月 安曇川(川遊び)
9月 同志社高校まで歩く(中止)
10月 御所を散策(ドングリを探せ)
   (専門家の人と共に)
   伊吹山登山
11月 同志社高校まで歩く
12月 山の辺の道(ハイキング)
1月 愛宕山登山(初詣)
2月 人工壁(同志社大学山岳部施設利用)
3月 鎧ダム(天神川)飯ごう炊さん
   3年生追い出しプラン
・メインのプランは、10月:伊吹山登山と1月:愛宕山登山(初詣)です。

■顧問の先生から■
ヒトは、山などの自然からエネルギーをもらいます。
山は部員にさまざまなことを教えてくれます。非常食、防寒具、水分
みんな必要です。 もっと大事なのは、仲間を大切にする意識です。
一番遅い人のペースで歩く。これが一番大事です。
 
ワンゲル1
キヌガサソウ発見



ワンゲル1
伊吹山山頂



ワンゲル3
大学人工壁体験

このページの先頭へ